マケドニアのカジノはプレイヤーに有利!生活できちゃうかも!?

かつてはがアレクサンダー大王が闊歩したこの国で、カジノで王者みたいな勝ち方したいもんですね。今日はマザーテレサの出身地スコピエのカジノをご紹介♪

①LE GRAND CASINOの特徴:

範囲を選択_999(328)

雰囲気やルールなど

・Holiday innの2階にある(スコピエではここ1軒のみ、ホリデー・インの裏手に階段がありますからそこを上がるとカジノ入口がありますよ。)

・スコピエ中央駅から北西方向に歩いて10分くらい

・24時間営業(20時以降じゃないとお客がいないがお客がいれば昼間でもテーブルゲームなどスタートしているそうです)

・ヨーロッパでは最高のハウスルール(DD,DAS、サレンダーなど何でもあり)

・カジノ初心者でも楽しめるカジノ場

・ドリンク無料&深夜になるとフルーツやサンドイッチなどのフードサービスもある

・すべてユーロ使用

・カジノ内では両替可能だそうですが、マケドニアデンからユーロへの両替レートはよくないという声があったので確認してみてくださいね。

②遊び方:

ドレスコードやミニマムベットなど

(1ユーロ =127.451313 円)
・カジノチップ交換方法&換金方法:スタッフさんに確認してくださいね

・ドレスコード:特に厳しくないようです

・各カジノゲームのミニマムレート〜マックスレート
◇ルーレット(3台) 0.5ユーロ〜
◇ブラックジャック(3台) 2ユーロ〜
◇ポーカー(3台) 1〜2ユーロのノーリミットが夜間にはあるそうです。他にスロットが20台ほどあるようです。

③コンプ・vip情報:確認できませんでした

とにかくルールが甘いと評判のLE GRAND CASINO。特にブラックジャックのルールがあまあまのようです。

ラッキーが続いて日本円にして150万円ほど勝った方がいるようですが、途中で入店拒否されてしまったようです。ルールが甘くても途中で入れなくなってしまうんじゃマケドニアではプロ生活はできなさそうですね。^^;

思い出づくりはマザーテレサ記念館で、ってそれはちょっと哀しいかも〜(笑)

あ、余談ですが愛の代名詞、マザーテレサってあの無償の愛を注ぐ姿は実はキャラで本当は銭ゲバだったらしいという噂が。まあそうじゃないと人様なんて救えませんからね。世の中、やっぱり銭・銭・銭なんでしょうかね〜(笑)

ってことで、もしマケドニアを訪れた際にはせっかくの”プレイヤーに甘々ルール”で飛行機代くらいは稼いで帰りたいですね♪

さて。遊びに行くのにもうひとつ気になるのはやはり現地の状況、安全面ですね。マケドニアの治安ってどんな感じなのか調べてみました。

”夜の10時を過ぎても女性が子供連れで買い物をしている”

これはひとまず安心できるレベルと考えてよさそうです^^

ただ、マケドニアはアジア人が少ないので街を歩いているとジロジロ見られるかもしれません。観光客は多いみたいなんですが、その多くは近隣のヨーロッパから。視線を感じて若干緊張するかもしれませんが敵意はないのでご安心を^^

注意が必要なのはタクシー。外国人には通常の倍に相当する料金をふっかけてくることがあるようです。マケドニアでは普通に歩いていける距離でもすぐにタクシーを呼んでしまう土地柄なので、長距離客になりそうな外国客はカモと言えばカモ^^;乗車する前に料金を確認してみると後でトラブルにならなくていいかもしれません。

④カジノホテルの基本情報;

住所・連絡先

・電話:+389 47 235 772
・URL:http://www.legrandcasinoonline.com/
・住所:Pece Matichevski BB, Bitola 7000 マケドニア

範囲を選択_999(329)
(出典:Google

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ドイツのカジノって基本的に厳しいことで知られてますが、ここ『SPIEL BANK(カジノ ポツダムプ…
  2. 「マカオの治安がよくなった!」・・・というのはマフィアが暗躍していた1990年代の頃と比べてのお…
  3. カジ旅に登録&クレジットカード入金後、すぐにボーナスの500スピンをぶん回せないことが発覚したので、…

ハイローラーに大人気

大人気カジノ

ATMで換金可能!

PAGE TOP