2015年の凱旋門賞出走馬まとめ|日本馬はまさかの・・

参加馬ゼロ・・・・・。
まさかそんなことが起こり得るなんて。

凱旋門賞2015。
毎年、日本馬が出場していた数少ない海外遠征。

当初は、、、

・昨年ジャパンカップを制して世界レーティング2位の評価を受けたエピファネイア(牡5)、

epifaneia
(出典:馬にゅー

・今年の皐月賞を制したドゥラメンテ(牡3)、
・同2着のリアルスティール(牡3)、
・昨年のダービー馬ワンアンドオンリー(牡4)、
・桜花賞で1番人気に支持されたルージュバック(牝3)

・・・が出走馬として登録していたが、すべて回避という事態に陥っている。

・エピネフィア⇒繋靭帯炎で宝塚記念を回避&引退して種牡馬入り。
・ワンアンドオンリー⇒宝塚記念を大敗し、秋は国内レースに専念。
・ドゥラメンテ⇒ダービーの後に両前脚の骨折が判明し、復帰は来年春になる見込み
・リアルスティール⇒ダービー直後に軽度の骨折が判明し、秋は国内に専念。
・ルージュバック⇒熱発で札幌記念を回避し、凱旋門賞も断念。

その他でも2013年のダービー馬キズナも春の成績不振から秋は国内レースに専念。

(出典:今日のネタ何にします?

●「最後のロンシャン」で日本馬ゼロ

登録していた馬の中で特に注目を集めていたのがダービー馬、ドゥラメンテ。

dura1
(出典:sportiva

ダービー制覇後は菊花賞で日本競馬史上8頭目となる三冠馬を目指すのか、
それとも、日本競馬初となる凱旋門賞を制覇するのか誰もが注目していた。

なのにここへきて骨折による休養。
今のロンシャン競馬場はレース終了後に21か月に及ぶ改修工事に入るため、
数々の名馬が駆けてきた現ロンシャン競馬場でのレースは”最後”ということになる。

longchamp1
(出典:PARIS NAVI

longchamp2
(出典:one short of mine

だからドゥラメンテを初めとする日本馬たちが出場しない状況は非常に残念だ、と声をあげる競馬ファンも少なくないようだ。
が、その前にこんな声もある。

●「オペラオーが可哀想」

オペラオーとは過去、圧倒的な実績を残しながらも馬主の竹園氏の意向により海外遠征をしなかった日本馬だ。

海外にまで愛馬を行かせたくない、可哀想だという理由から、2000年の有馬記念直後でも竹園氏は海外遠征についての考えを変えようとはしなかったそう。

もちろん海外の大レースを日本馬が制する姿を見たい馬主、騎手、競馬ファンも数多くいる。様々な意見、希望、思惑が重なり合う中で今後、日本馬の海外遠征はどう変遷していくのだろうか。

 

というか今年、2015年の凱旋門賞のオッズ、そもそも日本馬がいないからベット自体をするかどうか・・。
海外でも超人気のイベントだけに、最高賞金も相変わらず夢のある金額だ。

⇒凱旋門賞の最高賞金額と最新オッズ情報

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 難波(なんば)にあるエムズカフェ(M’sCafe)は可愛い外国人ディーラーがいるカジノバー♪…
  2. 「あなた自身は”環境”でつくられる」って、エライ人が言ったかどうかはわかりませんがラグジュア…
  3. お洒落でモダンなロンドンの5つ星ホテル、ザ・メイフェアホテルに隣接しているカジノ・パームビーチ。落ち…

ハイローラーに大人気

大人気カジノ

ATMで換金可能!

PAGE TOP