異常事態発生!マカオの現状が激変-おすすめはカジノじゃない!?

世界一のカジノ都市だったマカオが激変中。

 

「だった」と過去形になっているのは
カジノがグラグラ~っと傾いてきているため^^;

 

大金を賭けるハイローラーが消えて
マカオ カジノ、潰れちゃうんでしょうか・・・・・・

macao-kajino2
(出典:誠style

 

●とりあえずリゾート化

そういえばラスベガスのカジノも一時期、落ちこみましたけど
復活したのは大型リゾート施設ができたからでしたね。

 

カジノがあるから人が流れこんでくるんじゃなくて
人が集まる場所をつくるというコンセプト。

 

パパもママも子どももおじいちゃん・おばあちゃんも
家族みんなが楽しめる場所をつくったらいいんじゃないのって
それでラスベガスに大型リゾート施設ができたそうですよ。

 

で、ご覧のとおり復活。

rasubegasu
(出典:カジノパレード!

 

ちなみにラスベガスに大型リゾート施設をつくったのは
東京ディズニーランドをつくった人物と同じらしいですね。

TDL
(出典:トレンド速報ニュース

 

マカオもカジノ色が強い場所でしたけど
今後、ラスベガスみたいにリゾート施設が増えていくんでしょうか。

 

で、年内に建設のゴーサインが出そうだと言われてるのが
マカオ・コロアン島の新複合施設

macao kajino plan
(出典:マカオ新聞

 

プールあり、
宿泊あり、
ショッピングモールあり、
高級レジデンスあり、
もちろんプライベートカジノも併設♪

 

 

なんだ、全然潰れそうじゃないじゃないですか^^;

 

 

ちなみに今、マカオからハイローラーが消えてるのは
至極当然のお話。

 

もともと中国の役人たちが不正に取得した大金を
マカオカジノでマネーロンダリング(資金洗浄)しまくり。
それが中国国民にバレたので、パフォーマンスとして監視を厳しくしてるみたいですね^^;

 

実際、経営者サイドとしては
大幅な減収のようですけど今まで儲けてきたんだからいいじゃないの!

って、叱らせそうですね(汗)

 

どこの国でも
たとえ日本の地方でも
かならず存在する怖い系に属する人たち。

 

ティッシュ王子のように数百億円、バカラにつぎ込むとか
深みにハマりさえしなければ
一生、縁のない人たちです。。。

 

たぶん^^;

 

逮捕されてもバカラ大好き

pic5487
(出典:ねこまるz

 

このイラスト見るたび、
自制心を思い出しそうですね(^_-)-☆

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 日本から韓国、ソウルまで東京からだと2時間半くらい、大阪、福岡からだと2時間もかからず到着♪…
  2. いい人もいるけれど悪い人もいる。これって世界共通ですが、ベトナムではどうなんでしょうか・・・…
  3. 「あなた自身は”環境”でつくられる」って、エライ人が言ったかどうかはわかりませんがラグジュア…

ハイローラーに大人気

大人気カジノ

ATMで換金可能!

PAGE TOP